部屋コレNIIGATAトップページへ

2017年10月16日

米百俵

みなさまこんにちは、あべです。


先日、長岡市で開催された米百俵まつりに

足を運んできました。
DSC_7359.jpg
長岡駅前が会場なんで、

子どもふたりを連れ、ゆるゆるJRで。


駅前のアオーレ長岡。
DSC_7272.jpg
長岡駅のあたりがかつてあった長岡城の本丸で

このへんは二の丸だったそうです。


雲行きのあやしい日でしたが、

予想以上の人出でたまげました。


DSC_7277.jpg
河井継之助や、山本五十六などなど、

長岡が誇る偉人たちに扮した演出があったり、


長岡藩のお殿様やお姫様の仮装行列なんかも。
DSC_7290.jpg

DSC_7298.jpg
結構本格的。


DSC_7305.jpg
幕末にちなんで勝海舟に坂本竜馬まで来県。


DSC_7312.jpg
お、新撰組だ。


まだ小さい子どもにとってはなんのこっちゃでしょうが、

わたしにとってはディズニーリゾートのパレードみたいなものです。
有名な?小千谷談判の寸劇。
DSC_7314.jpg
長岡藩家老・河井継之助の嘆願は

新政府軍ににべもなく断られ、

長岡藩は凄惨な北越戊辰戦争へと突き進むことに。
DSC_7317.jpg


DSC_7332.jpg
いよいよ米百俵が到着しました。


DSC_7341.jpg
米百俵の主役、小林 虎三郎の説法シーン。


支藩から届けられた援助米を藩士に分け与えるのではなく、

売ってそのお金で学校を建てるべきと説いた虎三郎。

藩を立て直すにはまず教育であると。


その日食べることすらままならない苦境にも関らず、

目先にとらわれず、100年先を見越す決断をした長岡藩。


すばらしいですね。


河井継之助。

小林虎三郎。

長岡には偉大な人物たちがいたものです。


その偉人たちの精神のもと、こんにちがあると思うと、

歴史がどこか身近なものに感じられます。

わずか150年前、同じ新潟での話です。


また峠読もうかな。
20140208_071120.jpg
米百俵の精神を受け継ぐ

長岡人のK内くんもぜひ。



ということで、そんな長岡市から

ヒロセの賃貸物件を…と思いましたが、

おかげさまで満室でしたので、

お隣の見附市から。
P8214875.JPG




コーポTOMO外観.JPG



米百俵まつりにも電車で3駅です。




潟qロセの賃貸
電話025-248-5800
ビル〒950-0981新潟市中央区堀之内50-1
営業時間:9時〜18時
定休日:毎週水曜日




それではまた。




お部屋探しは ヒロセ 35.png




ヒロセバリューDayバナー.jpg





contents01_img01.png
posted by hirose at 20:40| 新潟 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする