部屋コレNIIGATAトップページへ

2019年10月05日

八重と八重 


みなさまこんにちは、店長のあべです。


先月、念願の会津まつりに参戦してきました。

台風到来の予報も見事にかわし、

天候に恵まれた会津藩公行列。


はじめて訪れましたが、

壮麗な行列に終始感動。


歴代のお殿様が、騎馬で登場します。
20190922_115446.jpg
こちらは独眼竜・伊達政宗。

間近で見ると迫力ありますね。


20190922_115534.jpg
お次は蒲生氏郷。

天下人・秀吉さえもが

ひそかに恐れたといわれるほどの名将です。


20190922_115658.jpg
お、上杉景勝だ。

新潟県民としては自然とテンション上がります。

後ろを歩く愛の前立ては直江兼続。

女性が扮してましたね。


先代・謙信からの家風で、義理堅い上杉家は

秀吉からの信頼も厚く、

油断ならない奥州・伊達の押さえ、

天下をうかがう関八州・徳川への牽制として

重要な会津の地を任されたわけです。


20190922_123953.jpg
会津藩とゆかり深い新選組も当然登場。


20190922_121004.jpg
長岡藩からは、河井継之助が参列。

北越戊辰戦争で負傷し、会津を目指す途中で

落命してしまいましたが、長岡が誇る偉人です。


来年映画化の峠がたのしみ。


20190922_122009.jpg
そして、会津の戊辰戦争を語るうえで

なくてはならない白虎隊。

今では考えられない、日本国内での凄惨な内戦の末、

自ら命を絶った少年たち。


こういった歴史の上で、

今日のわたしたちの日常があるわけです。


ここまででも予想以上に十分たのしんでいたわたしですが、

やはり目当てはこちらのお方。
20190922_123231(0).jpg
八重!

20190922_123233.jpg
八重と八重!!


会津の地で、綾瀬はるかの八重を見られるなんて。

しかもド至近距離。


目が合いました。

きっと。

多分。


あまりにも美しく凛々しい戦闘服姿に

息が止まるかと思いました。

立派に成長した鈴木梨央ちゃんもよかったです。

20190922_143410.jpg
午後は衣装チェンジ。

午前の戦闘服とはうって変わって

落ち着いた着物姿。

こちらも素敵でした。


どっぷり魅了され、会津に心を置いてきた感覚。


綾瀬はるかさんは6年連続の参加でしたが、

はじめて見にきて、

これまで5年間わたしは何をやってたんだと

本気で悔いました。


来年もきてくれるといいな。


で、帰りに、

ずっと気になっていたこちらを初訪問。

20190922_160225.jpg
飯盛山にある「さざえ堂」


建築物として世界的にも特異な

二重構造らせんのお堂。


20190922_162244.jpg

20190922_162138.jpg
歴代の天皇陛下、

現上皇上皇后両陛下も過去に訪れている

国の重要文化財です。


20190922_161133.jpg

20190922_161138.jpg
スロープ状の回廊で上っていけるのですが、

上りと下りで通る回廊が異なる二重らせんは、

通ってて不思議な感覚に陥ります。

20190922_161122.jpg
らせんの中央を通り、

もう一方の回廊に抜けられるようになっているのですが、

上ったり下りたり、真ん中抜けたりを

繰り返しているうちに、どこにいるのか

よく分からなくなってきます。


迷路のような感覚に、

はじめは不気味がっていたこどもたちも

ずいぶんたのしんでいた様子。


今回は会津に行きながらも

鶴ヶ城を訪れないというレアな旅路でしたが、

それでもなかなか充実した一日でした。


来年もまた行こう。



熱が下がらず長くなりましたが、

最後にしっかり物件紹介を。
P1010002.jpg


P1010008.jpg

8月に大規模改修を終えたばかりのヒーローマンション。

外壁や共用廊下、バルコニーなんかもきれいに仕上がり、

美観も機能もグレードアップ。

エレベーターやオートロックエントランスまでついた

RCマンションはこのエリアでは唯一無二でしょう。


新潟市内では会津に最寄りの秋葉区。

わたしと同じ会津ファンのご家族もぜひどうぞ。




株式会社ヒロセの賃貸 新潟店
電話 025-248-5800(賃貸営業部)
   025-383-8880(賃貸管理部)
ビル 〒950-0981 新潟市中央区堀之内50-1
業時間:10時〜18時
定休日:毎週水曜





それではまた。






お部屋探しは ヒロセ 35.png



ヒロセバリューDayバナー.jpg



posted by hirose at 20:12| 新潟 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする